So-net無料ブログ作成
検索選択

コミュニケーションについて まんがでわかる 伝え方が9割 [仕事・生活]

学生時代はまだしも、社会に出ると、コミュニケーションスキルがモノを言います。
テストの点数の良し悪しでは社会を生き抜くことはできません。


したがって、学生時代にコミュニケーションスキルを鍛える必要があります。
無理に誰とでも付き合う必要はありませんが、社交的な人には人が集まりますよ(^^♪

18で社会人になった方で、コミュニケーションスキルに自信がない方も必見です。
友達と仕事仲間では人付き合いの深さは段違いですが、やはり社交的である方が好かれます。好かれるということは、仕事で何かあったとき、助けてくれる可能性が高いということです。

仕事も黙々と真面目にこなしていくのも必要なスキルですが、人間関係が良好だと、仕事は後からついてくる場合もあるのです。

恋人ができた」「プレゼンが通った」…喜びの声続々!
人生が一変すると話題の『伝え方が9割』シリーズに
まんが版がいよいよ登場!


シリーズ112万部突破のベストセラー「伝え方が9割」のまんが版。
舞台はかつて一世を風靡した女性誌『BB(ビービー)』。

営業部から念願の編集部へと異動した舞だったが、「いつかは編集長になって社会を動かすようなトレンドを生み出す」という夢を抱きながらも、わがままな女優に振り回されたり、モデルの説得に苦労したり、デザイナーに手直しを却下されたりと思い通りにはいかない日々を過ごしていた。

そんな中、ある日立ち寄った書店で『BB』にダメ出しを続ける謎のオネエと遭遇。あまりに的を射たダメ出しの数々にぐうの音も出ない舞。そんな舞の姿を見たオネエ、マリアは、舞に「伝え方ひとつでノーをイエスに変えることができる」とアドバイス。最初は半信半疑のまま、マリアの言う通りに「伝え方」を変えていく舞だったが、実践するうちにどんどん結果が出始めて……。

楽しみながら読み進めていくうちに、「ノーをイエスに変える技術」「強いコトバを作る技術」が自然と身についていく実用面もさることながら、主人公の舞が思い通りにいかない毎日に四苦八苦している姿に共感したり、オネエのマリアから突きつけられる言葉の数々に思わずクスリとしたり、ときにはドキリとしたり……と、読んでいるだけで元気になれる1冊です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0